「四季旅」ホームページへ
条件書ページへ HP予約についての説明ページへ
「四季旅」ホームページへ ツアー一覧ページへ 耳より情報ページへ お客様便りページへ リンク集ページへ
旅行企画・実施:(株)日興トラベル大阪営業所  ホームページ制作:(株)アドステイション
 
最新情報
2016.06.16 新コースUPしてます。
2011.11.29 ホームページを一部リニューアル致しました。なお、ツアーのお申し込み方法が変わりました。詳しくは、「HP予約について」ページをご覧ください。

これからも、皆様にご満足いただけるツアーをご提供して参ります。今後とも、「四季旅」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。


 
 記念アルバム
 カメラ片手に旅に出ることがお好きなU.T.さんより撮れたて写真を送っていただきました。
“先日、「須賀利と漁師ごはん」に参加、半年待っての旅でした。長いバスの旅でしたが、お天気に恵まれ暑い夏の日差しの中良く歩きました。お食事は食べきれませんでした。只2回に分かれての食事で、後で頂きましたが「タイ」はさめて少しかたく残念でした。でも景色が美しく、カメラに収めました。一人参加でしたがお隣さんとお話も出来、楽しい旅でした。有難うございました。”
紀伊半島を半周する長旅ですが、三重県尾鷲の飛び地、須賀利地区へのコースにご参加いただきました。地元のおばちゃん達が一生懸命手料理をふるまってくれます。小さい港と坂道と階段と細い路地、寺の住職のお話も好評です。今年の大ヒットコース。ご参加ありがとうございました。(平成26年9月 M)

 
 
 
 記念アルバム
 「湖西の川端と畑の棚田」ツアー参加のK.T.さん(女性)から素敵なお写真送っていただきましたので紹介します。(平成26年9月)
 “先日の滋賀 棚田&川端の旅 お天気が今一でしたが、私はとても楽しむ事が出来ました。有り難うございました。旅の写真は 自分のブログに掲載しています。お粗末な写真ですが 厚かましく添付させて頂きます。ご笑覧下さると嬉しいです。”
 
 
今月のおすすめツアー
 
 
 
 
 
太陽一足お先にいってきました〜
あべのハルカス展望台!!
 
3月7日グランドオープンする “あべのハルカス” の取材にお邪魔して一足お先に展望台にのぼってきました。

高速エレベーターの扉が開くと、まん前に、お・お・さ・かーの景色がどーんと広がります。展望台の正式名称は「ハルカス300」、300mのそんなはるか上空にいる感じはしない。
あっという間に着いてしまった。60階の空中回廊を歩くと、58階59階まで3階分の吹き抜け空間がすべて見える。わあ高いとこまできてるやんか、とやっと実感。定番のシースルー床あり、(私は乗らないけど…)高さにキャァーと盛り上がる設定はできてます。通天閣からでもいい景色やと思ったんやから眺めのいいのは当たり前。あっ、その通天閣がおもちゃのように町並みにへばりついてる。このビルは、生駒山と大阪湾を両手に、大阪平野に建つ巨人のイメージか。すごい、でかい、高い。

エスカレーターで、3層吹き抜けの床部分・58階に下りる。ウッドデッキが気持ちの良い屋外空間、木もある、雨も降る、風も吹く。梅田の空中庭園が出来た時はあんな高いとこで風にふかれて大丈夫か、と不安やったのを覚えてるけど、そのもっと大きくて広い空間。ただし周りのガラス面は3階分、そうめっちゃ高いので安全。(もちろん!)ウッドデッキの階段が外を向いてるので、カップルで座って大阪パノラマ見ながら語らう姿が目に浮かびます。夕日の中やったら最高やんか、と空想はご勝手に。

 
ウッドデッキ             トイレ
一番のおススメは、トイレ!えっトイレ?トイレの場所って普通、控えめな位置にあると思うのが、ここは違うんです。なんと一等席の角部屋がトイレです。ぜいたくう〜。特に女性用がベスト位置。男性の方ごめんなさい。まあちょっと気恥ずかしい感じはしますが、なんかのびのびする空間です。

ご案内いただいた担当のS氏、「この展望台で先日ヒョウが降ってましてね、それが地上に降りると雨でした。高さを感じましたねえ。」確かに。「この狭い阿倍野のごみごみした地でよくこの高い建物を造ったなあと感心します。資材の搬入とかかなり苦労があったと思います。」なるほど確かに、人間てすごい。

さああなたも驚きと癒しの空間へぜひどうぞ。ミーハーな高いとこ好きなあなたなら行くのは…今でしょう。

(平成262月  M)


旅の翼日記
”翼のはえた添乗員”が
旅の空からホットでグッドな出来事をつづります。

12月20日(木)ダイヤモンド富士

11月19日(月)ドウダンツツジ

11月6日(火)ジオパーク

11月3日(祝・土)犬飼農村舞台

10月26日(金)、30日(火)玉置神社

10月19日(金)生石高原




安国寺とコウノトリの郷』ツアーにご参加いただいた、天王寺区のS.H.さん(男性)撮影、撮れたて写真です。兵庫県豊岡市までのバスツアーでした。今年はちょっと遅れ気味の紅葉でしたが、何とかいい被写体におさまってくれました。のどかな山里にコウノトリも優雅ですね。ナイスショットをありがとうございました。(平成23年11月)
 

記念アルバム
 
奈良のSさんから、すばらしい写真と思い出を送っていただきましたので一部ご紹介します。

“一泊二日で美ヶ原高原「王ケ頭ホテル」に泊まってきました。12月は初めてで雪が降ってないのではと思っていましたが寒波で相当の積雪、踏み固めていないところは脛まで雪がありました。夕方到着、急いでカメラ片手に雪原を走り、夕景を撮りました。翌日7時10分太陽が顔を出し雪原を照らし始めました。燃え上がるような水蒸気(雲か霧?)で神秘的な光景を見せてくれました。朝食後は雪上車で「美しの塔」往復、下山バス乗車時には、林道に車を止めて美しい霧氷を撮影しました。

ホテルは、夕食・朝食の配膳の美しさと味、品数の多さにびっくり・・・おまけに2000mの高地で飲むお酒に酔いしれました。それとホテル従業員のおもてなしには感激と感謝。添乗員の大阪便と面白い話、また運転手の細かな気遣いもあり楽しく過ごしたバス旅行で感謝感謝でした。“(平成25年12月)

左上 夕景(夕日に照らされた山々) 一番右が浅間山
左下 美しの塔 後方は王ケ頭ホテル
右上 
朝景 美ヶ原の雪原
右下 
林道の樹氷

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
記念アルバム  コーナーの写真を募集しています。

メールに添付、又は下段の住所までお送り下さい。採用の方にはポストカード差し上げます。

記念アルバム
 お写真が趣味の奈良市のK.Y.さん(男性)から、早春のお便りを続けていただきました。花の季節が近づくと落ち着かない、というK.Y.さんは、お花の証拠写真はもちろん、少し斜めの角度から当社のツアーを切り取った写真を送って下さいます。あたたかい眼差しでの応援いつもありがとうございます。

高松港から約30分の瀬戸の島、男木島(おぎじま)へのツアーで。灯台近くに群生するスイセンと島の港で出迎えてくれた「水仙娘」さん。写真からもいい香りがただよってきそうですね。寒い季節に笑顔が早春のあたたかさいっぱいです。平成26年1月



伊吹山のふもとに咲くセツブンソウを訪ねるツアー。“節分草の日は雨にたたられ花は俯き加減、はずかしそうに顔をみせてくれませんでした。大門坂荘の食事は美味でした。”とK.Y.さん。右の写真には、「新鮮な地元素材 美味健康食 臨時料理教室 生徒はツアー客」と楽しいコメント付です。ありがとうございました。平成26年3月
ツアー一覧ページへ 
 
添乗員のむだ話
  ◆ うわさの美人女将の話 ◆


能登半島の先っぽ、「ランプの宿」にいってきました。岬の突端のロケーション、ランプの灯りではいる温泉、豪華な夕食、と皆様あこがれの宿に満足されていました。内緒の話ですが、個人的にはテレビも冷蔵庫もないのは私はちょっと…。

この宿のもうひとつの名物は女将!うわさは聞くけどなかなか会えない。それが先日のツアーではなんとラッキーなことにお見送りに出てこられた。ホントに輝くようなビボウの持ち主。ツアー客の皆さんは一緒に写真とったりと大はしゃぎ。 「今日のツアーは1000円増しですね。きれいな女将に会えたんやから。一緒に写真とった人はさらに1000円後でもらいますからねー。」
 
 
四季旅バナー 当サイトはリンクフリーです。左のバナーをご使用願います。あとでご一報下さい。

Copyright(c) adstation co.ltd 2004 Allright reserved
旅行企画・実施 : 日興トラベル大阪営業所      京都府知事登録旅行業第2−534号
住所 :〒550-0005 大阪市西区西本町1-5-3 扶桑ビル 7階アドステイション内
フリーダイヤル  :0120-039-253     連絡先:TEL06-7713-2072 FAX06-7713-2077